ゼロワンの外遊び紹介:ポコペン

今回の外遊びはポコペンをご紹介いたします!


ポコペンとは?

ルール:基本的には缶蹴りと同じルールです。缶の代わりに、壁や木などを目印にします。みんなでポコペンを歌いながら鬼の背中をつついた後、缶蹴りに似たゲームを始めます。

特徴:準備するものはなく、手軽に遊ぶことができます。

理想対象人数:4人~8人

可能対象人数:3人~10人

対象年齢:6歳~

発祥地:日本

必要な準備:特になし

適する場所:公園など、隠れやすいものと木や壁がある場所

別名:ポン蹴り 缶蹴りのことをポコペンと言う地域もあります。

関連する体力要素:脚力、動体視力、敏捷性など

遊ぶとどんな効果が期待できる?:プレイヤー同士で協力する力、駆け引きのための推理力や観察力

ゼロワン的オススメカスタマイズ:地域それぞれのルールや歌のフレーズがあります。人数や場所の広さによって、ルールを変更することができます。

・鬼の背中をつついて、誰がつついたかを当てるだけ

・鬼の背中をつつかずにゲームを始める

などのルールが代表的です。

・ポコペンぺンぺンペン

・ぽこちゃん、ぽこちゃん

・ぺこちゃん、ぽこちゃん

など、地域独特のフレーズもあります。


消費エネルギー量(kcal)

運動時間:計測未実施

運動強度:計測未実施

運動後歩数:計測未実施

運動距離:計測未実施

消費カロリー:計測未実施


遊び方の詳細

鬼を1人決めて、鬼は目印の木や壁に手をついて目を閉じます。

プレイヤーは「ぽこぺん、ぽこぺん、だーれがつっついたー」と歌いながら、鬼の背中をつつきます。

鬼は誰がつついたかを当てます。当たったら鬼を交代して、2.に戻ります。

間違えたら、鬼は30秒数えます。その間にプレイヤーは逃げます。

数え終わったら、鬼は隠れているプレイヤーを探します。

見つけたら目印まで戻って、「〇〇ちゃん、ポコペン!」と言います。見つけられたプレイヤーは目印の近くで待機します。

まだ見つかっていないプレイヤーが目印をタッチして「ポコペン!」と言うと、プレイヤーの勝ちです。待機していたプレイヤーは、全員逃げることができます。鬼は目印に戻って、もう一度30秒数えるところから始めます。

鬼が全員を見つけたら、鬼の勝ちです。


ポコペンの動画

子どもたちが集まって、ポコペンをやっています。

この動画ではポコペンを歌や背中をつつくのを省略して、ゲームを始めています。

外遊びを再び日本の文化に|NPO法人ゼロワン

外遊びの価値を高めたり、広めたり、体験してもらうことでゼロからイチを創り出す。法人企業、地域行政、学校、一般の方へ向けてチャンバラ合戦、プラネタリング、スポーツテストをメインコンテンツとして現在活動しております。