ミッション

MISSION

外遊びを再び日本の文化に

VISION

人々の心身が健康で笑顔あふれる社会の実現


我々NPO法人ゼロワンは外遊びにおける「開発・科学・発信・実施」の4つの軸を元に活動を継続し、外遊び機会の増大を持ってして、ミッションとビジョンの実現に向かってまいります。


NPO法人ゼロワンが考えていること

日本において“外遊び文化”が失われている現状を感じています。日本にはかつて、“外遊び文化”がありました。野をかけ山をかけ、そして公園では多様な人々が笑顔で夢中になって遊んでいました。自由な発想でルールを作り、そこら中にあるもので勝手に遊びを拡張して楽しんでいました。もちろん作られたおもちゃを使っての遊びも活発でした。

それが今はどうでしょう?公園での遊びは規制され、遊びの中でも危険性が少しでもあるものは排除され、「子どもが屋外で夢中になって楽しめる&親子が一緒に体験して共に成長する」機会と習慣と場は失われています。誰もが“自由に”“楽しく”“時間を忘れて夢中になれる”ような体験が。

これにより「親子時間の減少」「運動神経の低下」「健康不良による生産性の低下」の問題へと繋がっていると言われています。

※文部科学省、経済産業省の発信より


外遊びの定義

本来は「屋外の遊び」と捉えられています。

ですが、これは時代の流れとともに他の遊びに取って代わられ、環境を奪われて減少していると感じております。

では、現代に求められる“外遊び”とはなんなのか?


現代にマッチした新しい“外遊び”の開発と科学と発信と実施が必要

我々は“外遊び”を「現代で求められる“外遊び”」と再定義し直し、それには4つの要素が必要不可欠であると考えました。

<NPO法人ゼロワン外遊びロジック>

1.安全性(遊びの根底に必要であるもの)

2.参加性(誰でも参加できること)

3.熱狂性(夢中になれること)

4.共感性(直感的に面白そうであること)

この4つを元に新しい遊びを開発していきます。

また、これらのロジックや外遊びの新しい価値の創出として、昔の外遊びや海外の外遊びの科学していこうと思っています。なぜずっと遊び継がれて来たのか?どこからどうやってはじまったのか?どれくらい健康に影響があるのか?何人で遊ぶと面白くて何人だと楽しくないのか?カスタムしたらどうなるのか?などそのような情報もまとめていこうと考えております。

開発と科学を行うことで、それらの情報をまとめあげたものを発信し、“外遊び”にふれる様々な団体や個人にその価値を伝えたり、コラボレーションし、イベント実施などで活動の幅を広げて参ります。