ゼロワンの外遊び紹介:いろはにこんぺいとう

今回の外遊びはいろはにこんぺいをご紹介いたします!

画像引用 : 江西桜こども園~いろはにこんぺいとう(ゆり)~


いろはにこんぺいとうとは?

ルール:2人の鬼が持っているゴム紐の間を、紐に触らないように通り抜けるゲームです。

特徴:用意するものはゴム紐だけなので、気軽に遊ぶことができます。縄跳びやロープでも代用可能です。

理想対象人数:4人~10人

可能対象人数:3人~15人

対象年齢:3歳~

発祥地:日本

必要な準備:ゴム紐や縄跳び、ロープ

適する場所:紐が伸ばせる広い場所

別名:いろはにほ

関連する体力要素:柔軟性、跳躍力など

遊ぶとどんな効果が期待できる?:考える力

ゼロワン的オススメカスタマイズ:どうしても通り抜けることができない場合は、小指で紐を動しても良いというルールを設定することができます。


消費エネルギー量(kcal)

運動時間:計測未実施

運動強度:計測未実施

運動後歩数:計測未実施

運動距離:計測未実施

消費カロリー:計測未実施


遊び方の詳細

画像引用 : 浜松こども館~こども館の今日の風景~


鬼を2人決めて、鬼はそれぞれ紐の端を持ちます。

鬼以外のプレイヤーは後ろを向いて、目を閉じます。

鬼は「いーろーはーにーこんぺいとうー」と歌いながら紐を振ったり、交差したりします。

  「うーえか、しーたか、まんなかか」と歌い終わると同時に、鬼は動きを止めます。

プレイヤーは、上、下、真ん中の内の1つを選んで、どこを通り抜けるかを宣言します。

  この時、プレイヤーは後ろを向いて目を閉じたままです。

宣言した後で振り向き、それぞれ宣言した場所から紐を通り抜けます。(例:上を選んだ場合は紐を飛び越える。)

通り抜けるときに紐に触ってしまうと負けです。負けたプレイヤーが鬼を交代します。

2から6までを繰り返します。


いろはにこんぺいとうの動画

縄跳びを2本使って、いろはにこんぺいとうをやっています。

家族みんなで手軽に遊べるのが魅力ですね。

外遊びを再び日本の文化に|NPO法人ゼロワン

外遊びの価値を高めたり、広めたり、体験してもらうことでゼロからイチを創り出す。法人企業、地域行政、学校、一般の方へ向けてチャンバラ合戦、プラネタリング、スポーツテストをメインコンテンツとして現在活動しております。