ゼロワンの外遊び紹介:大繩とび

今回の外遊びは大繩とびをご紹介いたします!

画像引用:大縄跳び|GOOUTCAMP 関西vol.5 ACTIVITY


大繩とびとは?

ルール:二人が長縄を回し、複数人が回している長縄の中に入って縄を飛ぶ遊びです。

特徴:長縄があればすぐに遊ぶことができます。また、縄が長いほど大勢で遊べますし、何回飛べたか競い合うこともできます。

理想対象人数:5人~10人

可能対象人数:30人くらい(縄が長いと大勢で遊べます)

対象年齢:8歳くらい~

発祥地:日本

必要な準備:長縄

適する場所:広くて、周りに物がなく人がいない場所(体育館や広場)

別名:長縄とび

関連する体力要素:跳躍力、筋持久力、巧緻性、動体視力、足腰を鍛えることができる(回し手)

遊ぶとどんな効果が期待できる?:上記の運動能力が鍛えられるとともに、仲間との団結力が強まり、皆で一緒に目標に向かって達成する喜びを知ることができます。

ゼロワン的オススメカスタマイズ:

5人~10人くらいで遊ぶ場合は、わらべうたを歌いながら飛ぶとより楽しめます。

掛け声をしながら「1、2・・」「せーの!」と縄を飛ぶと飛びやすいですし、仲間との一体感がうまれます。


消費エネルギー量(kcal)

運動時間:計測未実施

運動強度:計測未実施

運動後歩数:計測未実施

運動距離:計測未実施

消費カロリー:計測未実施


遊び方の詳細

縄を回す人(回し手)を2人決めます。

回し手が縄を回し、順番に縄の中に入って、引っかからないように飛びます。

皆で何回飛べたか記録したり、他チームと飛べた回数を競い合ったりして遊ぶことができます。

また、8の字に飛ぶ「八の字飛び」や長縄を2本使う「ダブルクロス」といった遊び方もあります。


大縄跳びの動画

*これを見れば、大縄跳びのコツが分かりますよ。

コツを掴めば、皆で楽しめそうですね。


*「八の字飛び」の動画です。


*2本の縄を使って、難易度を上げながら飛んでいきます。沢山の飛び方で楽しめることが分かりますね。

外遊びを再び日本の文化に|NPO法人ゼロワン

外遊びの価値を高めたり、広めたり、体験してもらうことでゼロからイチを創り出す。法人企業、地域行政、学校、一般の方へ向けてチャンバラ合戦、プラネタリング、スポーツテストをメインコンテンツとして現在活動しております。