ゼロワンの外遊び紹介:だるまさんの一日

今回の外遊びはだるまさんの一日をご紹介いたします!

画像引用:だるまさんの一日|山吹町articles


だるまさんの一日とは?

ルール:複数人で行う遊びで、1人が鬼になります。基本的なルールは「だるまさんが転んだ」と同じです。

特徴:道具を使うことなく、簡単に遊べます。

理想対象人数:3名以上

可能対象人数:3名以上

対象年齢:5歳頃~

発祥地:日本

必要な準備:特になし

適する場所:運動場や公園(鬼と他の人の距離が適度に確保できる場所・安全な場所)、体育館

別名:特になし

関連する体力要素:身体のバランス感覚、持久力

遊ぶとどんな効果が期待できる?:友達と関わり合うことで「コミュニケーション力を高めること」「友達と一緒に遊ぶことの楽しさを知ること」ができます。

ゼロワン的オススメカスタマイズ:

*時々鬼が「だるまさんが転んだ」と言う。

*「だるまさんが変な顔をした」等の顔真似をするように指示する。

上記2つを遊びの中で取り入れると、より楽しさが増します。


消費エネルギー量(kcal)

運動時間:計測未実施

運動強度:計測未実施

運動後歩数:計測未実施

運動距離:計測未実施

消費カロリー:計測未実施


遊び方の詳細


画像引用:だるまさんが転んだ|公益財団法人 日本スポーツ協会

基本的なルールは「だるまさんが転んだ」と同じです。

鬼を一人決めます。

他の人は鬼から離れたところ(スタートライン)に立ちます。

鬼は顔を伏せた状態で「だるまさんが・・・運転した」等、だるまさんの日常を想像して、他の人に伝えます。

鬼が「だるまさんが・・・」と言っている間、他の人は鬼に近づきます。

鬼が「・・・運転した」と言いながら振り向いたら、他の人は運転するしぐさをします。

しぐさが間違っていると鬼が判断した場合は、鬼と一緒に手をつなぎます。

鬼が「だるまさんが・・・」と言っている間に、他の人は急いで鬼の方に近づき、鬼に捕まっている子の手をチョップして切り、スタートラインへ走ります。鬼は「ストップ」と言って他の人を止めます。

あらかじめ決められた歩数(5歩から10歩)を鬼は移動し、他の人にタッチできたら交代します。


だるまさんの一日の動画

*小学生が遊んでいる動画です。鬼が言ったことを行動に移していて、とても楽しそうですね。

外遊びを再び日本の文化に|NPO法人ゼロワン

外遊びの価値を高めたり、広めたり、体験してもらうことでゼロからイチを創り出す。法人企業、地域行政、学校、一般の方へ向けてチャンバラ合戦、プラネタリング、スポーツテストをメインコンテンツとして現在活動しております。