ゼロワンの外遊び紹介:紙ひこうき

今回の外遊びは紙ひこうきをご紹介いたします!

画像引用: ゲームエンジニアが紙ヒコーキワークショップをやってみた|Qiita


紙ひこうきとは?

ルール:折り紙や新聞紙等を使い、紙ひこうきを作って飛ばし、楽しみます。友達とどちらが遠く飛ばせるか競い合うこともできます。

特徴:紙さえあれば、簡単に遊ぶことができます。また、紙ひこうきの折り方には沢山の種類があります。

理想対象人数:1~2人

可能対象人数:5人くらい

対象年齢:5歳~

発祥地:日本

必要な準備:折り紙や新聞紙

適する場所:公園、車が来ない安全な場所

別名:べったん

関連する体力要素:指先から身体全体を使って飛ばす力

遊ぶとどんな効果が期待できる?:

①紙ひこうきを飛ばしたり、拾ったりすることで、遊ぶことを通して身体を沢山つかうことができます。

②友達や家族と一緒に紙ひこうき遊びをし、競い合うことで、「勝ち負け」や「勝った時の喜び」「負けた時の悲しみ」を知ることができます。

③紙ひこうきを作る際、考える力を身につけることができます(どのように紙ひこうきを作ったら、長い距離を飛ばせるのだろう・・・)

ゼロワン的オススメカスタマイズ:

作った紙ひこうきの「折り目を変える」「セロハンテープ等を貼り付けることで紙ひこうきに重みをつける」等の工夫をしてみる。

色んな紙ひこうきを作って飛ばし、一番長く飛行できた紙ひこうきを探す。

上記を試すことで、より紙ひこう遊びを楽しむことができますし、研究にもなります。


消費エネルギー量(kcal)

運動時間:計測未実施

運動強度:計測未実施

運動後歩数:計測未実施

運動距離:計測未実施

消費カロリー:計測未実施


遊び方の詳細

1. 折り紙等を使って紙ひこうきを作ります。

2. 外へ出て、スタート地点を決めたら、線を引いたり石を置くなどして、目印をつけます。

3. スタート地点から、紙ひこうきを飛ばし、遠くまで飛ばせた人が勝ちになります。


紙ひこうきの動画

外遊びを再び日本の文化に|NPO法人ゼロワン

外遊びの価値を高めたり、広めたり、体験してもらうことでゼロからイチを創り出す。法人企業、地域行政、学校、一般の方へ向けてチャンバラ合戦、プラネタリング、スポーツテストをメインコンテンツとして現在活動しております。