ゼロワンの外遊び紹介:線鬼

今回の外遊びは線鬼をご紹介いたします!

画像引用:線おに~限られたスペースでも楽しめちゃう集中おにごっこ~|ほいくる


線鬼(せんおに)とは?

ルール:決められた線の上を移動し、鬼から逃げます。

特徴:線の上を外れないように逃げるので、体力だけでなくバランス感覚と集中力、周囲をの状況を把握する力が鍛えられます。

理想対象人数:5名~20名

可能対象人数:3名~40名

対象年齢:4歳~

発祥地:不明であるが、地方によってローカルルールがあります。

必要な準備:逃げ道となる線を引いておきます。

適する場所:屋内外問わず、鬼ごっこの出来る広さのある平地

別名:渡り鬼(わたりおに)

関連する体力要素:瞬発力、敏捷力、視野の広さ

遊ぶとどんな効果が期待できる?:バランス感覚、集中力、視野の向上

ゼロワン的オススメカスタマイズ:

・タッチされた人が鬼になる

・ゲームの制限時間を設ける

などが代表的です。

その他にも、

・線と線の間隔を広くする

・最初に乗った線と同じ色の線しか踏めない

など、人数や年齢に応じてカスタマイズが出来ます。


消費エネルギー量(kcal)

運動時間:計測未実施

運動強度:計測未実施

運動後歩数:計測未実施

運動距離:計測未実施

消費カロリー:計測未実施


遊び方の詳細

画像引用:線おに~限られたスペースでも楽しめちゃう集中おにごっこ~|ほいくる


1. 鬼を決め、他の人は子となります。

2. 鬼は線の上に乗り、子も少し離れた場所で線の上に乗ります。

3. 「スタート」の合図で子は逃げ、鬼は子を追いかけます。

4. 鬼も子も線から外れないようにして移動します。

線から外れなければ、近くの線に飛び移ってOKです。

5. 鬼にタッチされた子はアウトになります。

線から外れてしまった場合もアウトになります。

6. タッチされた子は線の上から降りて待機しましょう。

7. 最後まで残った人が勝ちになります。


外遊びを再び日本の文化に|NPO法人ゼロワン

外遊びの価値を高めたり、広めたり、体験してもらうことでゼロからイチを創り出す。法人企業、地域行政、学校、一般の方へ向けてチャンバラ合戦、プラネタリング、スポーツテストをメインコンテンツとして現在活動しております。