ゼロワンの外遊び紹介:あぶくたった

今回の外遊びはあぶくたったをご紹介いたします!

画像引用:あぶくたった~幅広く楽しめるおもしろ伝承遊び~|ほいくる


あぶくたったとは?

ルール:輪の中に一人の鬼を囲んでその周りを歌いながら回り、その後鬼が他の子を捕まえます。

特徴:やりとりの楽しさやイメージを膨らませる楽しさを感じ、共感や協力する力を育めます。

理想対象人数:10名~15名

可能対象人数:3名~15名

対象年齢:1歳半~

発祥地:日本のわらべ歌が起源と言われているが、正確な起源は不明です。

必要な準備:なし

適する場所:屋内外問わず平地で、走り回れる場所

別名:あぶくたったにえたった

関連する体力要素:瞬発力、敏捷性、走能力

遊ぶとどんな効果が期待できる?:想像力・共感力・協応力の向上

ゼロワン的オススメカスタマイズ:地方によって歌の歌詞や遊び方に違いが多いため、様々なバージョンで楽しむことが出来ます。

鬼とのやり取りを変えることで、遊ぶ度に違った楽しみを味わうことが出来ます。


消費エネルギー量(kcal)

運動時間:計測未実施

運動強度:計測未実施

運動後歩数:計測未実施

運動距離:計測未実施

消費カロリー:計測未実施


遊び方の詳細

1. 鬼を決めます。人数が多い場合は鬼も増やします。

2. 鬼はしゃがんで両手で顔を隠し、他の人は鬼を囲んで手を繋ぎます(かごめかごめと同じ要領)。

3. 歌に合わせて鬼の周りをぐるぐる歩いて回ります。

(♪ あーぶくたった煮えたった 煮えたかどうだか食べてみよう)

鬼の方を向き、食べる真似をします。

(♪ むしゃむしゃむしゃ)

首を横に降り、片手を顔の前で左右に揺らします。

(♪ まだ煮ない)

4. 3の歌を2、3回繰り返します。 

(♪ もう煮えた

(♪ ごはんを食べて 歯磨きをして おふろに入って 電気を消して

しゃがみ、両手を方頬にあてて目をつぶって寝るジェスチャーをします。

(♪ おやすみなさーい

5.みんなが寝たら鬼は輪の外側に出て、「トントントン」と言います。

6.寝ている子は「なんの音?」と聞きます。

7.鬼は「風の音」「新聞やさんの音」「冷蔵庫の音」「物が落ちた音」など答え、寝ている子たちは「あーよかった。」と言ってまた寝ましょう。

8.5~6を繰り返した後に鬼が、「おばけの音」「鬼がきた音」などと言ったら寝ている子たちは「キャー」と一斉に逃げ出します。

9.あとは普通の鬼ごっこと同じ。鬼にタッチされた人が今度は鬼になってまた1〜8を繰り返して遊びます。


あぶくたったの動画

外遊びを再び日本の文化に|NPO法人ゼロワン

外遊びの価値を高めたり、広めたり、体験してもらうことでゼロからイチを創り出す。法人企業、地域行政、学校、一般の方へ向けてチャンバラ合戦、プラネタリング、スポーツテストをメインコンテンツとして現在活動しております。