ゼロワンの外遊び紹介:島鬼

今回の外遊びは島鬼をご紹介いたします!

画像引用: 元保育士のアイデア、遊びバリエを増やそう!園で人気の「鬼ごっこ」3種|クフール


島鬼とは?

ルール:鬼が入れない島がある、ルールの鬼ごっこです。

特徴:鬼ごっこの1つ。広いスペースがあればどこででも遊ぶことが出来ます。

理想対象人数:10人~

可能対象人数:2人~

対象年齢:6歳~(ルールが解れば6歳未満も可)

発祥地:不明

必要な準備:なし

適する場所:鬼ごっこが出来る広い場所

別名:不明

関連する体力要素:脚力、体力、持続力など

遊ぶとどんな効果が期待できる?:考えて行動する能力、ストレス発散

ゼロワン的オススメカスタマイズ:鬼の数、島の数、島のルールなどアレンジは自由です。

10人子どもがいる場合、鬼は2人いる方が楽しめます。その他のアレンジ例としては、子どもが捕まる場所を設置するのではなく、あらかじめ決まったライフポイントを奪う事で捕まえる方法があります。また、島自体に片足でしか移動できない片足島やジャンプしか出来ないジャンプ島などルールを設定する事でゲームにバリエーションを増やすことが出来ます。


消費エネルギー量(kcal)

運動時間:計測未実施

運動強度:計測未実施

運動後歩数:計測未実施

運動距離:計測未実施

消費カロリー:計測未実施


遊び方の詳細

画像引用: 島鬼|みっくすじゅーちゅ


1. 地面に島を2~3つ作ります。

2. 捕まった子どもたちが行く場所を決めます。

3. 鬼を1人決め、その他は子どもになります。

4. 鬼は島に入ることは出来ませんが、島の外からタッチすることは出来ます。

5. 捕まった子どもたちは、捕まっていない子どもにタッチされると島に戻ることが出来ます。

6. 鬼が1人も捕まえられなかったら、10秒たったら島を出なければならない10秒ルールを適応します。


外遊びを再び日本の文化に|NPO法人ゼロワン

外遊びの価値を高めたり、広めたり、体験してもらうことでゼロからイチを創り出す。法人企業、地域行政、学校、一般の方へ向けてチャンバラ合戦、プラネタリング、スポーツテストをメインコンテンツとして現在活動しております。