ゼロワンの外遊び紹介:三角ベース

今回の外遊びは三角ベースをご紹介いたします!

画像引用:国際三角ベースボール教会|協会のミッション


三角ベースとは?

ルール:基本的に野球と同じですが、ピッチャーは下投げで、バッターは手で打ちます。

特徴:二塁がない野球のような遊びで、少人数だったり少し狭い場所でもできます。

理想対象人数:8〜12名

可能対象人数:8〜20名

対象年齢:6歳〜

発祥地:似たようなゲームはアメリカなどでもあるようですが、ダイアモンドを三角形にしたのは日本独自のようです。

必要な準備:柔らかいゴムボールやカラーボール、ベース3個(ない場合は代わりとなるものを用意)

適する場所:十分な広さの公園、グラウンド等

別名:三角ベースボール、手打ち野球

関連する体力要素:脚力、動体視力、瞬発力、敏捷性、遠投力

遊ぶとどんな効果が期待できる?:チームビルディング、打つことによる爽快感

ゼロワン的オススメカスタマイズ:ボールを当てたらアウトではなく、通常の野球のようにファーストに投げたらアウトというルールにしても楽しめます。また人数が少ない場合、守備側は外野をなくすといいでしょう。


消費エネルギー量(kcal)

運動時間:計測未実施

運動強度:計測未実施

運動後歩数:計測未実施

運動距離:計測未実施

消費カロリー:計測未実施


遊び方の詳細

1. 2つチームを作り、それぞれ打つ順番や守るポジションを決めます。その後、先攻・後攻を決めます。

2. 先攻チームは順番に打席に入り、後攻チームのピッチャーは下投げでボールを投げます。

3. バッターは打ったら一塁に走ります。守備側はボールを拾ってバッターの体に当てます。バッターが先に塁についたらセーフ、ボールが当たるのが先だったらアウトとなります。ただしボールが地面に落ちる前に捕球できたらその時点でアウトになります。

4. セーフになったバッターは塁に残りランナーになります。その後は野球同様に、次のバッターが打ったら次の塁に走ります。ただし野球とは違い盗塁はできません。

5. 3回アウトになったら攻守を入れ替えます。これを3回〜9回ぐらい繰り返して得点の多いチームが勝ちとなります。


三角ベースの動画


外遊びを再び日本の文化に|NPO法人ゼロワン

外遊びの価値を高めたり、広めたり、体験してもらうことでゼロからイチを創り出す。法人企業、地域行政、学校、一般の方へ向けてチャンバラ合戦、プラネタリング、スポーツテストをメインコンテンツとして現在活動しております。