ゼロワンの外遊び紹介:ジャンケン列車

今回の外遊びはジャンケン列車をご紹介いたします!

画像引用:活動「じゃんけん列車」について考える|けーすけ版☆日本語キャンプまにゅある@タイ


ジャンケン列車とは?

ルール:チームに別れて列を作ります。列の先頭同士でジャンケンを行い、負けた人は相手のチームの列に加わります。それを繰り返し、どちらかのチームの列がなくなれば終了です。

特徴:チームで行うため、参加者同士の距離感を近づけることができます。また大勢の人数でのレクリエーションを行う際にぴったりです。

理想対象人数:20人(5人ごとの4組)

可能対象人数:4人以上であれば何人でも

対象年齢:6歳~

発祥地:不明

必要な準備:必要なものは特にありません

適する場所:広めのスペース(20平方メートル以上あると良い)

別名:列車ジャンケン・トレインジャンケン

関連する体力要素:脚力、機敏性など

遊ぶとどんな効果が期待できる?:友人との友好関係が高まる、全身を使うことによるストレスの発散

ゼロワン的オススメカスタマイズ:

・時間決め:制限時間を設けてジャンケン列車をします。最後に残ったメンバーの多いチームの勝ちです。ジャンケンをせず、逃げ回ったチームも勝てるチャンスがあるのでゲーム性が増します。

・得点決め:一人ひとりに番号をつけます。その上で3分などの制限時間を設けた上でジャンケン列車をします。制限時間終了後、番号の合計が多かったチームの勝ちとなります。

・音楽付き:音楽を流しながらジャンケン列車をします。音楽が切れたタイミングで近くにいたチーム同士でジャンケンをします。リズミカルになるので小さい子同士ですと特に楽しさが増します。

 

消費エネルギー量(kcal)

運動時間:計測未実施

運動強度:計測未実施

運動後歩数:計測未実施

運動距離:計測未実施

消費カロリー:計測未実施


遊び方の詳細

1. チームに別れて、チームごとに列を作ります。

2. 列の先頭同士でジャンケンを行い、負けた人は相手のチームの列に加わります。

3. 3:2を繰り返し、どちらかのチームの列がなくなれば終了です。

※ 3チーム以上になる場合は、どのチームとジャンケンをするのか、チームごとの判断になります。


ジャンケン列車の動画

こちらの動画では簡単な説明も入っているのでわかりやすいです!

外遊びを再び日本の文化に|NPO法人ゼロワン

外遊びの価値を高めたり、広めたり、体験してもらうことでゼロからイチを創り出す。法人企業、地域行政、学校、一般の方へ向けてチャンバラ合戦、プラネタリング、スポーツテストをメインコンテンツとして現在活動しております。