ゼロワンの外遊び紹介:瞬間移動ゲーム

今回の外遊びは瞬間移動ゲームをご紹介いたします!


画像引用:とびだせ児童館 金城児童館 小禄南公民館|琉球新報ローカルblog


瞬間移動ゲームとは?

ルール:円状になって、一人ひとりが棒(棒状にした新聞紙)を立たせて待機します。リーダーの合図と共に全員が棒から手を話し、それぞれ時計回りに隣の人の棒をキャッチしに行きます。棒を取れなかった人がいたら終了、全員が取れていたら継続、というとてもシンプルなゲームです。

特徴:みんなで協力してできるだけ多く、棒を離してキャッチする回数をこなせるようにすることが、このゲームの楽しみ方です。身体能力の差がほとんどないゲームのため子供も大人も混ざって楽しむことができます。

理想対象人数:4~6人

可能対象人数:2人~

対象年齢:6歳~

発祥地:不明

必要な準備:木の棒やバトン、棒状にした新聞紙など、棒状に立たせることのできるもの

適する場所:広めのスペース(人数にもよりますが、5平方メートル以上だと望ましい、屋内でも可)※室内でも大丈夫ですが、下の階の人などには配慮をしましょう

別名:テレポーテーションゲーム

関連する体力要素:瞬発力、敏捷性、バランス感覚など

遊ぶとどんな効果が期待できる?:参加者同士の信頼関係構築、動き回ることによるストレス発散、

ゼロワン的オススメカスタマイズ: 

・棒をキャッチできた人は残り、キャッチできなかった人は参加者から外れるサバイバルゲームにする。

・リーダーが手を離す合図をする際に時計回り、逆回りの宣言をしてゲーム性を高める。

・1分間に何回できるか、時間制限を設けゲーム性を高める。

・2チームに別れ、どちらが多くキャッチすることができるか競争をする。


消費エネルギー量(kcal)

運動時間:計測未実施

運動強度:計測未実施

運動後歩数:計測未実施

運動距離:計測未実施

消費カロリー:計測未実施


遊び方の詳細

画像引用:とびだせ児童館 金城児童館 小禄南公民館|琉球新報ローカルblog

1. 参加者の一人ひとりが棒(棒状にした新聞紙)を持ち、円のかたちになります。この時全員は棒を立たせて、リーダーの合図を待ちます。

2. リーダーが合図をしたら全員が棒から手を話し、それぞれ時計回りに隣の人の棒をキャッチしに行きます。棒から手を話す際には、他の人が取りやすいようにそっと手を話すのがコツです。

3. 棒を取れなかった人がいたら終了、全員が取れていたら継続です。継続する場合は1・2を繰り返します。みんなで協力してできるだけ多くの回数をできるようにすることが、このゲームの楽しみ方です。


瞬間移動ゲームの動画

珍しいですが2人で行なっている様子です。時間制限を設け、スピード感を持って行うことで、とても楽しそうにゲームを行なっています。


外遊びを再び日本の文化に|NPO法人ゼロワン

外遊びの価値を高めたり、広めたり、体験してもらうことでゼロからイチを創り出す。法人企業、地域行政、学校、一般の方へ向けてチャンバラ合戦、プラネタリング、スポーツテストをメインコンテンツとして現在活動しております。