ゼロワンの外遊び紹介:ドロケイ・ケイドロ

今回の外遊びはドロケイ・ケイドロをご紹介いたします!


ドロケイ・ケイドロとは??

ルール:警察(ケイ)と泥棒(ドロ)の2チームに分かれて、警察が泥棒を捕まえる鬼ごっこ遊び

特徴:逃げる・捕まえるだけでなく、捕まった仲間を助ける・防ぐなど戦略性が高い遊びです。

理想対象人数:8名〜20名

可能対象人数:6名〜60名

対象年齢:4歳〜65歳

発祥地:定かではないがイタリアやドイツでは17世紀・18世紀から遊ばれている模様

必要な準備物:特になし

適する場所:平地で走り回れる場所。障害物があれば盛り上がる

別名:ドロジュン、ジュンドロ、ドロタン、ヌスタン、タンヌ、ドロジ...etc

関連する体力要素:瞬発力、敏捷性、走能力、投能力、作戦力、視野の広さ

遊ぶとどんな効果が期待できる?:爽快感、チームビルディング、運動能力UP

ゼロワン的おすすめカスタマイズ:未実施


消費エネルギー量(kcal)

運動時間:0.75h

運動強度:5METS(野球、サーフィンと同じくらい)

運動後歩数:1805歩

運動距離:1444m

消費カロリー:246kcal/0.75h ※326kcal/h(1時間の場合)

※ゼロワンメンバー及び一般男性女性成人8名のデータ平均より


遊び方の詳細

① 警察チームと泥棒チームに分かれる。

② 牢屋の場所を決めて、地面に足などで線を書く。

③ 警察チームが10まで数える間に、泥棒チームは捕まらないように移動したり隠れたりする。

④ 10数えたら警察チームは泥棒チームを捕まえに行く。このとき、牢屋を守る「見張り役の警察」は牢屋で待っておく。

⑤ 警察にタッチされた泥棒は捕まる。

⑥ 捕まった泥棒は、警察に牢屋へ連れて行かれて待機しておく。

⑥-1 まだ捕まっていない泥棒が捕まった泥棒にタッチしたら、捕まった泥棒は牢屋から出られる。

⑦ 警察チームが泥棒を全員捕まえれば、警察チームの勝ち。


ドロケイ・ケイドロの動画


外遊びを再び日本の文化に|NPO法人ゼロワン

外遊びの価値を高めたり、広めたり、体験してもらうことでゼロからイチを創り出す。法人企業、地域行政、学校、一般の方へ向けてチャンバラ合戦、プラネタリング、スポーツテストをメインコンテンツとして現在活動しております。