ゼロワンの外遊び紹介:モルック(Mölkky)

今回の外遊びはこちらをご紹介いたします!

モルック(Mölkky)とは??

ルール:モルックを投げて倒れたスキットルの内容によって、50点ぴったりになるまで得点したチームが勝ち。

特徴:モルックを投げるだけなので、老若男女問わずゆったり楽しむことができます。

発祥の地フィンランドでは、サウナやビールなどを楽しみながらプレイする気軽なスポーツとして知られています。

理想対象人数:2~12名

可能対象人数:3名〜30名

対象年齢:3歳〜100歳

発祥地:フィンランドのカレリア地方

必要な準備物:モルック(投げる棒)、スキットル(木製のピン)

適する場所:平地で、モルックからモルックを投げる地点まで3~4m確保できる場所

別名:特になし

関連する体力要素:投能力

遊ぶとどんな効果が期待できる?:チームビルディング、駆け引き力向上、足腰への適度な負荷

ゼロワン的おすすめカスタマイズ:「○点のピンだけを倒します!」と宣言し、その宣言通りのピンを倒すことができたらポイント2倍、のような感じで、ゲーム終盤に大逆転を狙うことができるような特別ルールを適宜設けていくと盛り上がります!

また、バーベキューやピクニックなどの場でお酒やご飯を楽しみながらやるのもオススメです!


消費エネルギー量(kcal)

運動時間:1.0h

運動強度:2.5METS(ビリヤード、ヨガと同じくらい)

運動後歩数:1172歩

運動距離:937m

消費カロリー:171kcal/時

※ゼロワンメンバー成人男性女性7名のデータ平均より


遊び方の詳細

① モルックを投げる地点に線を引き、そこから3~4m離れたところにスキットルを図の順番に並べます。これがゲームスタート時の配置です。投擲時にラインを踏み越えるとファウルとなり0点となります。


② 2チーム以上で対戦するので投擲順を決め、順番にモルックを投げてスキットルを倒します。複数本のスキットルが倒れた場合は、「倒れた本数=点数」、1本しか倒れなかった場合は、「倒れたスキットルに書かれている数字=点数」となります。

③ スキットルは、倒された地点で再び立てられます。スキットルはゲームが進むにつれて広がっていき、倒すのが難しくなってきます。いずれかのチームが50点を先取した時点でゲーム終了です。





点数の数え方

完全に倒れていない場合

 スキットルが完全に倒れていない(重なって地面についていない)場合はカウントしません。

50点を超えた場合

 50点を超えて得点した場合、25点へ減点され、ゲームは継続されます。


3回連続ミスが続いた場合

 スキットルを1本も倒すことができなかった場合は0点と記録され、それが3投続くと失格となります。

 失格にならないよう、攻めるか守るかをうまく見極めることがポイントです!


※引用:日本モルック協会HP


モルック(Mölkky)の動画

外遊びを再び日本の文化に|NPO法人ゼロワン

外遊びの価値を高めたり、広めたり、体験してもらうことでゼロからイチを創り出す。法人企業、地域行政、学校、一般の方へ向けてチャンバラ合戦、プラネタリング、スポーツテストをメインコンテンツとして現在活動しております。