初の大人だけ開催!プラネタリング光の運動会開催レポート

NPO法人ゼロワンが2019年に開発した光の運動会「プラネタリング」。これまでは大人・子ども共に対象とした開催しかしてきませんでしたが、今回は初の大人だけのプラネタリングを開催しました。開催した場は、国家公務員総合職の3年目研修でした!

今回のブログでは、研修当日の模様をレポートしていきます!

※今回は顔出しNGの研修のため、写真に一部ぼかし加工を入れてあります。


人事院・国家公務員総合職とは

今回ご依頼を下さったのは、人事院公務員研修所。

人事院は、公務員の人事行政に関する事務をつかさどる第三者機関として設けられた機関です。


NPO法人ゼロワン理事長米田の講演とプラネタリングの実施依頼をいただいたのは、国家公務員総合職の研修の一環として行われる「3年目フォローアップ研修」というコース。

※国家公務員総合職は、かつての「国家公務員一種」に代わって導入された採用区分で、政策の企画及び立案又は調査及び研究に関する事務をその職務とする方々のこと。いわゆる「キャリア官僚」の方々のことを指します。


こちらのコースは、入省後3年を迎えた「キャリア官僚」の方々が、自らの使命や役割を再確認し、行政官としての在り方や今後の課題を認識するためのものだそう。


参照:

人事院とは|人事院公務員研修所

・3年目フォローアップ研修|人事院公務員研修所


つまり、日本の未来を背負う若き官僚たちの研修のために、プラネタリングを採用していただいたというわけです・・・なんと光栄なご依頼だこと・・・。

スタッフ一同、身の引き締まる思いで事前準備を進めてまいりました!


※今回は、株式会社Dropへと依頼が舞い込み、NPO法人ゼロワンにて実施研修としてプラネタリングを採用頂きました。(ちなみに理事長米田はDropの代表取締役でもあります。)




研修の概要

それではさっそく当日の様子をお伝えしていきましょう☆

1日を通して様々な研修が用意されていたのですが、ゼロワンが携わらせていただいたのは、理事長米田が登壇した午前の講演会と、午後のプラネタリングの実施。

プラネタリングの様子をお伝えする前に、まずは理事長米田の講演の模様を少しご覧ください!


午前の部:講演会

講演会でテーマになっていたのは、「楽しさと工夫」。

米田からは、楽しめる”遊び”というコンテンツを通して社会課題を解決したり地域活性化を行ったりしている事例としてチャンバラ合戦やプラネタリングをご紹介。

ゼロワンは行政とのコラボ実績も豊富なので、これまで積み重ねてきたゼロワンの経験をたくさんお話させていただきました。


講演会後に他の講師の方と共に行われたパネルディスカッションでは、米田自身の人生や生き様についても質問が!

さまざまな事業を通して社会課題の解決に取り組む原動力・常に新しいことに関心を持てる好奇心などはどこから湧いてくるのか、といった質問が飛び交うなど、熱い議論が繰り広げられていました!


午後の部:プラネタリング

白熱したパネルディスカッションが終わり、お昼休憩をはさんでいよいよ午後の部プラネタリングのスタートです!!

プラネタリングは、暗闇の中で色とりどりに光るサイリウムを使って様々な種目を行う「光の運動会」!

「外遊びを再び日本の文化に」をミッションに掲げるゼロワンが、チャンバラ合戦に次いで生み出した新コンテンツでございます☆

今回は2部制になっており、各回約60名の方々に参加していただきました。

司会進行は午前の講演会で大役を果たした理事長米田でお送りします~!!

各回のオープニングは、皆さんにサイリウムをお配りし、パキパキと折って光る状態にしてもらったところで会場を暗転させてスタート☆

お配りしたサイリウムや会場に事前に仕込んでおいた蓄光テープのコートラインなどが暗闇に浮かび上がった瞬間、会場の皆さんからは「おお~~!!」という歓声があがりました!

(スタッフは、ここで皆さんに盛り上がってもらえる瞬間がたまらなく大好きです。笑)


さあ、いよいよプラネタリングのはじまりはじまり~~☆★



今回楽しんで頂いたプラネタリング厳選の4種目

それでは実施した種目を順にご紹介していきましょう!


① ファンタスティック

2人ペアになり、1人は棒状のサイリウムを持ち、もう1人がその棒状のサイリウムに輪っかのサイリウムを投げ入れる輪投げ方式の種目です!

輪投げを行っていくごとに2人の距離を引き離していき、最後まで残ったペアのチームが1位です!

(ちなみに、ファンタスティックという種目名は、“スティック(棒)”とかかっております。はい。)

スタッフによるデモンストレーションの後、早速ファンタスティックのスタートです!

見事輪っかをキャッチできたペアからは、スティックを上に掲げて「ファンタスティック!」と元気な掛け声が聞こえてきますよ~! 皆さん元気満点です◎

輪投げを成功させようと必死になるあまり、立ち位置を決めるロープをはみ出している人が数名見受けられ、MCから注意が入るほどの盛り上がりを見せておりました!!(笑)


② スターバスケット

陣地内から、外野にいる味方が持つカゴにサイリウムをシュートするゲーム。

敵チームと向かい合う形のコートになっているため、自分たちのシュート数を増やすだけではなく、相手チームのシュートを遮るデイフェンス役も重要なこの種目。

チームワークが問われる競技となっております!

前半戦は、投げられるサイリウムの数が1人3本と決まっている本数制限ルール!


さすが日本を背負ってお仕事をされている皆さん、作戦会議タイムの集中力が半端じゃありません。

限られた時間の中で、各チームの個性あふれる作戦がうまれていきます。


後半戦は、投げられるサイリウムの数制限が解除される無限ルール!

コート内に無数に存在するサイリウム投げ放題です!!

投げ放題ルールになるとシュートに必死になってしまいがちですが、勝利を目指す上で実は重要なのがディフェンス。

しかし、横長のコート内の3箇所にゴールが置かれるのに対して、ディフェンス役は2人までしか置けないので、


「こっち守りにきて~!!」

「あっちのゴールやばい!!」


とメンバー間での声のかけあいが一気に増えてきました!

勝利を目指して熱中していると自然とチーム内でのコミュニケーションが増えていくので、

楽しみながら自然にチームビルディングができてしまいます♬


③ ジョイントチャレンジ

続いての種目はジョイントチャレンジ。

会場に無数に散らばっている色とりどりの輪っかのサイリウムの中から、自分のチームカラーのサイリウムを集めて繋げ、1番長いサイリウムを作れたチームの勝利!

こちらの制限時間は1分とかなり短め。

そのため、直前の作戦タイムでは冷静に話し合っておられた皆さんですが、

「残り10秒~」とMCのカウントダウンが始まった瞬間


「やばい時間ない!!」

「輪っか繋げるの誰か手伝って~!!」

「もうサイリウム集めるのやめてはよこっち戻ってきて~!!」


と焦っておられる姿がとても印象的でした(笑)

④ ハリケーンライザー

こちらは時間の都合上、2部でのみ実施したエキシビションマッチ!

運動会でおなじみの「台風の目」をプラネタリウム流にアレンジしたもの。


輪っかのサイリウムを繋げて作ったロープの端と端を2人で持って走り、コーナーを回って帰ってきます。

帰ってきたら、サイリウムのロープを、スタート地点で2列で待って並んでいるチームメイトの足元をくぐらせる!

1番後ろまでいったら次はチームメイトの頭上を通ってスタート地点に戻って次のペアにバトンタッチ!


というなかなかハードな種目です。

このサイリウムのロープは途中でちぎれてしまうと失格になってしまうので、スピードだけでなく慎重さも大事になってきます。


・・・ですが、各チームがコーナーを回って帰ってきて、ロープをメンバーの足元にくぐらせ始めた瞬間、「ああ~~~~」と悲壮感漂う声が・・・



なんと

4チーム中3チームが、1つ目のペアでサイリウムのロープを破壊してしまうというまさかの事態に!(笑)

※2ペア目から会場を暗転しようと考えていたのですが、1ペア目で勝敗が決まってしまったため、暗転した時の写真がありません・・・(笑)


ここでMCから

「足元にサイリウムをくぐらせるときは、ジャンプするのではなくサイリウムをまたぐようにするとサイリウムを破壊しにくくなりますよ!」

とのアドバイスが。

そのアドバイスを踏まえて、気を取り直して2戦目!


・・・といきたかったところですが

皆さんサイリウムが足元に近づいてくるとどうしてもジャンプしちゃいたくなってしまうようで・・・


2戦目も続々と脱落チームが増えていき、消去法的に勝利チームが確定してしまいました(笑)

サイリウムはジャンプせずまたぐべし!というMCのアドバイスを忘れてしまうぐらい、皆さん熱中して楽しんでいただけたようです^^(笑)


以上の種目を約1時間半程度で実施し、無事2部まで終了!

これにてこの日のプラネタリングは幕を閉じたのでした。


プラネタリングの効果

今回は、国家公務員総合職の3年目研修にプラネタリングを採用していただいた際のレポートブログをお届けしました!

プラネタリングの魅力は、なんといっても皆で楽しみながら自然にチームビルディングができるということ。

ややカタイ内容になってしまいがちな企業のチームビルディングプログラムや社内研修も

・大人でも熱狂できる種目

・チーム内でのコミュニケーションが自然と活発化するようなルール設計

が揃っているプラネタリングは、他にはない独特の世界観を楽しみながらチームビルディングを図ることができるコンテンツとなっています!


今までにはなかった新たなチームビルディングプログラムをご検討中の企業様、人事院も採用しているゼロワンの新コンテンツ「プラネタリング」をぜひ一度お試しください☆


ゼロワンでは、プラネタリング以外にも

「チャンバラ合戦 -IKUSA-」

「大人のスポーツテスト」

などさまざまなコンテンツをご用意しております。

有意義で楽しい社内イベントや研修をお考えの企業様は、まずはお気軽にお問合せフォームよりご連絡ください♬


最後までお読みいただきありがとうございました☆

それではまた次回のブログでお会いしましょう~!

外遊びを再び日本の文化に|NPO法人ゼロワン

外遊びの価値を高めたり、広めたり、体験してもらうことでゼロからイチを創り出す。法人企業、地域行政、学校、一般の方へ向けてチャンバラ合戦、プラネタリング、スポーツテストをメインコンテンツとして現在活動しております。