ゼロワンの外遊び紹介:鬼ごっこ

今回の外遊びは鬼ごっこをご紹介いたします!

画像引用:鬼ごっこ|公益財団法人日本スポーツ協会


鬼ごっことは?

ルール:ジャンケンなどをして鬼を決めます。鬼が10秒や20秒数えている間に、鬼じゃない人たちは逃げます。鬼は数を数え終わったら、皆を追いかけ回し、体に触れることが出来たら、触られた人が鬼になります。

特徴:遊ぶためには、走ることが出来るスペースだけしか必要としないので、手軽に始めることが出来ます。誰もが小さい時には遊んだことがある、最も有名な遊びの内のひとつです。

理想対象人数:5~8人

可能対象人数:3人~14人

対象年齢:5歳~

発祥地:不明

必要な準備:広めのグラウンドや公園など、走り回ることが出来るスペースを見つける。

適する場所:学校の校庭や地域のグラウンド、広めの公園など。

別名:追いかけっこ

関連する体力要素:鬼として追いかける、または鬼から逃げるための脚力。長い時間走り回るための持久力。

遊ぶとどんな効果が期待できる?:全速力で走るため走力の向上。長い時間に渡って走り続ける持久力が身に着く、など。

ゼロワン的オススメカスタマイズ:参加する人数が多い時には、鬼の数を増やす。逃げたり捕まえたりできる範囲を決める。安全地帯を決めて、安全地帯の中にいる時はタッチされない(安全地帯にいられるのは10秒まで)。

高鬼:鬼じゃない人たちは、高さがある所(滑り台や平均台の上など)に登っている間だけ、鬼からタッチされることがない(高いところに登っていられるのは5秒まで)。

氷鬼:鬼にタッチされた人は、凍り付いて動けない状態になってしまう。しかし、鬼に捕まっていない味方からもう一度タッチしてもらえば、凍り付いた状態から解放されて、再び逃げることが出来る。全員が氷になったら鬼の勝ち。

色鬼:「鬼さん鬼さん何色欲しい?」の掛け声のあと、鬼が色を指定する。鬼じゃない人たちは、鬼に指定された色を見つけて触れればタッチされずに済む。色を探している間にタッチされてしまった人は、鬼を交代する。


消費エネルギー量(kcal)

運動時間:計測未実施

運動強度:計測未実施

運動後歩数:計測未実施

運動距離:計測未実施

消費カロリー:計測未実施


遊び方の詳細

画像引用:鬼ごっこ|OYAMANA


1. ジャンケンなどをして、鬼を決める。

2. 鬼は10秒数える。鬼じゃない人は、その間に鬼から距離を取っておく。

3. 鬼は10秒数え終わったら、鬼じゃない人たちを追いかける。

4. 鬼が誰かの体にタッチすることが出来たら、タッチされた人が鬼になる。


鬼ごっこの動画

外遊びを再び日本の文化に|NPO法人ゼロワン

外遊びの価値を高めたり、広めたり、体験してもらうことでゼロからイチを創り出す。法人企業、地域行政、学校、一般の方へ向けてチャンバラ合戦、プラネタリング、スポーツテストをメインコンテンツとして現在活動しております。