ゼロワンの外遊び紹介:クッブ

今回の外遊びはクッブをご紹介いたします!

画像引用:日本クッブ協会公式ホームページ


クッブとは?

ルール:2チームで向かい合って行います。相手チームの木片(クッブ)を木棒(カストピンナ)を投げて倒し、全部倒した後、最後に中央の大木片(キング)を倒すと勝ちになるゲームです。

特徴:的当てと陣取り合戦が融合した遊びで、一投で戦局が変わります。性別・年齢関係なく、障害を持った人も一緒にチーム一丸となってコミュニケーションをとりながら遊べます。

理想対象人数:12人

可能対象人数:2~20人

対象年齢:小学生~

発祥地:スウェーデン発祥のニュースポーツです。スェーデン語で「薪」という意味です。1000年以上前に、ゴッドラント島で、海賊たちが遊んでいたのが始まりとされています。日本には、15年前くらいから広まってきており、日本全国で競技人口が少しずつ増えてきています。

必要な準備:クッブ(木片)10個、キング(大木片)1個、カストピンナ(木棒)、コーナーピンナ4本

適する場所:芝生か草が生えている平らな地面(8m×5mが望ましい)

別名:バイキング・ゲーム

関連する体力要素:腕力、遠投力、体幹

遊ぶとどんな効果が期待できる?:チームメイトとの信頼関係が深まる。戦略を練りながらゲームを進めることにより、脳と体を一緒に使うことができる。

ゼロワン的オススメカスタマイズ:

屋外だけではなく、屋内でも遊ぶことができます。

子供同士のゲームでは、コートを小さく(5m×6m)にする。

制限時間を設ける。

などが代表的なルール変更です。

老若男女問わず遊ぶことができ、「青年チーム」に「高齢者チーム」が勝つことも多々ある面白いゲームです。


消費エネルギー量(kcal)

運動時間:計測未実施

運動強度:計測未実施

運動後歩数:計測未実施

運動距離:計測未実施

消費カロリー:計測未実施


遊び方の詳細

画像引用:caps channel

8m×5mのコートと中央にセンターラインを引きます。

両チームのベースラインに5個のクッブを等間隔で並べ、コートの真ん中にキングを置きます。

2チーム作り、先攻後攻を決めて、先攻のチームはカストピンナを投げて相手のクッブを倒します。

これを2チームで交互に繰り返します。

相手チームのクッブを全部倒すと、キングを倒す権利を与えられ、先にキングを倒したチームの勝ちです。

試合の途中で誤ってキングを倒してしまった場合は、その場で倒したチームが負けとなってしまいます。


クッブの動画

クッブの研修会を開催しています。

多くの団体の代表者などが研修会に参加して、クッブのルールを学びながら楽しんでいます。

外遊びを再び日本の文化に|NPO法人ゼロワン

外遊びの価値を高めたり、広めたり、体験してもらうことでゼロからイチを創り出す。法人企業、地域行政、学校、一般の方へ向けてチャンバラ合戦、プラネタリング、スポーツテストをメインコンテンツとして現在活動しております。