ゼロワンの外遊び紹介:羽つき

今回の外遊びは羽つきをご紹介いたします!

羽つきとは?

ルール:羽子板という板をラケットのように使って羽を突く遊びです。1人で遊ぶ場合は何回、羽を突けるかに挑戦し、2人で遊ぶ場合は2人で羽を突き合います。お正月の定番の遊びの1つです。

特徴:羽の先の黒い実のことを「ムクロジ」と言います。漢字では「無患子」と書き、「子の患いが無い」という縁起の良い字面から、厄除けの効果があると言われています。そのため、相手に勝つことよりも、長く続けられることが重要な遊びです。

理想対象人数:1人~2人

可能対象人数:1人~

対象年齢:3歳~

発祥地:中国が発祥です。日本には室町時代に伝わりました。

必要な準備:羽子板と羽

適する場所:屋内外問わず、羽子板を振ったときに周りの人や物に当たらない広い場所

別名:羽根突き、羽子板

関連する体力要素:平衡性、持久力

遊ぶとどんな効果が期待できる?:自分と羽との距離感を調整する力が身に着きます。

ゼロワン的オススメカスタマイズ:羽つきに使う羽子板は縁起物として観賞用に使うこともあります。観賞用の羽子板は豪華な絵柄が入っているので、飾るだけでも楽しむことができます。

何も描かれていない板を買ってきて、家族みんながそれぞれの羽子板を作ってみるのもおもしろいですね。

まだ上手に羽子板に羽を当てられない子でも絵を描いて遊べます。


消費エネルギー量(kcal)

運動時間:計測未実施

運動強度:計測未実施

運動後歩数:計測未実施

運動距離:計測未実施

消費カロリー:計測未実施


遊び方の詳細

羽つきには遊び方が2種類あります。

1人で遊ぶ時の「突き羽根」、2人で遊ぶ時の「追い羽根」です。

それぞれ遊び方をご紹介します。


【突き羽根】

1. 羽子板と羽を用意します。

2. 羽子板で羽を上向きに突きます。

3. 下に落とさずに何回羽を突けるかを競います。


【追い羽根】

1. 羽子板と羽を用意します。

2. 2人がそれぞれ羽子板を持ち、1つの羽を突き合います。

3. どちらかが羽を落とすまで続けます。

4. 落としたほうは顔に墨を塗られるという罰ゲームがあります。この罰ゲームにも、魔除けの意味があります。


羽つきの動画

2人で追い羽根をしています。

顔に墨を塗る罰ゲームもやっていますね。


外遊びを再び日本の文化に|NPO法人ゼロワン

外遊びの価値を高めたり、広めたり、体験してもらうことでゼロからイチを創り出す。法人企業、地域行政、学校、一般の方へ向けてチャンバラ合戦、プラネタリング、スポーツテストをメインコンテンツとして現在活動しております。