ゼロワンの外遊び紹介:毬杖(ぎっちょう)

今回の外遊びはこちらをご紹介いたします!

毬杖(ぎっちょう)とは??

ルール:ホッケーに似た、いにしえの遊び。対戦相手のエンドラインを超えると得点になり、前後半5分ずつ計10分で得点を競い合う。

特徴:平安時代に親しまれた遊びで、木の枝、玉だけで楽しめる。

理想対象人数:6名〜10名

可能対象人数:6名〜10名

対象年齢:7歳〜80歳

発祥地:日本、平安時代発祥

必要な準備物:木の枝、玉

適する場所:障害物がなければ可

別名:ぶりぶりぎっちょう、玉ぶりぶり

関連する体力要素:チーム力、作戦力、視野の広さ

遊ぶとどんな効果が期待できる?:爽快感、チームビルディング、運動能力UP

ゼロワン的おすすめカスタマイズ:未実施のためまだ不明


消費エネルギー量(kcal)

運動時間:計測未実施

運動強度:計測未実施

運動後歩数:計測未実施

運動距離:計測未実施

消費カロリー:計測未実施



遊び方の詳細

① 対戦は前後半各5分、合計10分とします。

② 打ち込まれた玉を止めた位置から相手に打ち返します。ドリブルやパスはしてはいけません。

③ セーフティーゾーンに入って玉を打ってはいけません。

④ セーフティーゾーンで玉が止まった場合は、センターポイント(SP)からスタートとなります。

⑥ 腰の高さよりスティックを高く振り上げてはいけません。

⑦ 次の場合は相手ボールでセンターポイントから再スタートとなります。

・自陣で触ったボールが自陣のサイドラインを超えた場合

・打ったボールが相手コートに届かない場合

・得点が入った後の再スタート

※引用:公益財団法人日本レクレーション協会


ちょっと変わったパターンの毬杖(ぎっちょう)動画

外遊びを再び日本の文化に|NPO法人ゼロワン

外遊びの価値を高めたり、広めたり、体験してもらうことでゼロからイチを創り出す。法人企業、地域行政、学校、一般の方へ向けてチャンバラ合戦、プラネタリング、スポーツテストをメインコンテンツとして現在活動しております。